『夢を実現するための目標の立て方』

5月 9, 2020 自己啓発

ご訪問頂きありがとうございます!

今日は『夢を実現するための目標の立て方』について書いていきます。

夢を実現するための第一歩と言える今日のテーマですが

将来こうなりたい!こういう人生を送りたい!

理想像を思い描いてみてください。

夢・理想像・目標を紙に書く!

夢・理想像・目標のイメージが出来たらまずは紙に書き出してみましょう!

(例)
・年収1000万円稼ぐ。
・飲食店を経営する。
・人材育成で未来ある若者の教育をする。


 などなど、、、

紙に書くことで脳内にインプットされます。

さらに目につく場所に貼り付けます。

目に触れることにより自然に脳内にインプットされます。

よく受験生が「目指せ!○○高校!」「○○大学絶対合格!」など

紙に書いて部屋に貼ったりしてますよね?

これも非常に効果的です!

次にその夢に問いかけるようにして具体化します。

・いつまでに?
・どのようにして?
・誰と?


みたいに問いかけると夢の期限が明確になりますよね?


例でいうと

・1年後にはインターネットビジネスで年収1000万円達成する!
・3年後には家族で飲食店を経営する!


このように期限を明確化することにより行動しやすくなります。

目標を達成するためにどのような行動をとればいいか目標の期限から

逆算して考えるようになる。

紙に書く時の注意点として必ず断言した文章にすること。

目標を言葉にする時の注意点



人とのコミュニケーションの場で夢を語る場合でも言い切ることが大切です。



✖ ~したいと思います。 ⇒  〇 ~します。


「~したいと思います。」や 「~しようと思います。」は後々に

出来なかった時の言い訳につなげるための言葉になってしまいます。

~したいと思ってたんですが忙しくて・・・

~しようと思ってたら友達が来て・・・とダラダラと後回しにする言い訳に

繋がってしまいます。



「~します!」 と断言するとどうでしょう?

周囲の人に断言したからにはやろう!という気になります。

これは自分自身との約束を守ろう。

断言したからやらないといけない。という気になりませんか?

自分自身を追い込むことに繋がり力が発揮されやすくなるんですね。


サッカーで有名な本田圭佑選手の小学生の時に書いた卒業文集が良い例ですね。

本田圭佑選手http://www.afpbb.com

『将来の夢』    本田圭佑

ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいというよりなる。

世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。

だから 今 ぼくはガンバっている。

今はヘタだけれどガンバって 必ず世界一になる。

そして世界一になったら大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって ぼくは外国から呼ばれて

ヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。

一年間の給料は40億円はほしいです。プーマとけいやくして

スパイクやジャンパーを作り 世界中の人がこのぼくが作った

スパイクやジャンパーを買って行ってくれることを夢みている。

一方 世界中のみんなが注目し 世界中で一番さわぐ 

4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍してるぼくは日本に帰りミーティングをし

10番をもらってチームの看板です。ブラジルと決勝戦をし2対1で

ブラジルを破りたいです。この得点も兄と力を合わせ 世界の強ごうを

うまくかわしいいパスを出し合って得点を入れることがぼくの夢です。



凄くないですか?小学生の時にすでに宣言していて現在その通り

実現している。

ぼくはこの本田選手の小学校の卒業文集を知った時、

感動して鳥肌が立ちましたね。

これは本田選手が特別な人だからできたのではない!

平等に与えられていることなんです。

なので意識して断言する言葉を多く使っていきましょう!

まとめ

夢・理想像・目標を紙に書く!

・いつまでに?
・どのようにして?
・誰と?


と問いかけより期限を決めるなど具体的に明確化する。

目標を言葉にする時の注意点

✖ ~したいと思います。 ⇒  〇 ~します。と断言する。



以上本日もお読みいただきありがとうございます!

投稿者: masaru@inoue

沖縄県沖縄市在住 1968年7月28日京都生まれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です