『即決力の重要性』について

5月 17, 2020 自己啓発

ご訪問頂きありがとうございます!

今回は『即決力の重要性について書きますね。

人の行動パターン

人が行動を起こす時「選択」⇒「決断」⇒「行動」という流れで行動する。

ということは前々回の記事『自分の価値観を知る』

でも書きました。読まれてない方はこちらをご覧くださいね。

人が行動するにはまず「選択」をしますよね?

例えば朝起きてから歯磨きが先か、朝ご飯が先か。

会社に行くのにどの道を通っていくのか。

晩御飯はステーキにしようか焼肉にしようか。などなど

次に「決断」しますね?

朝ご飯にしよう!とか会社行くには今日は大通りから行こう!

晩御飯は焼肉にしよう!という決断ですね。

そしてその決断によって「行動」に移します。

朝食を食べる。大通りに向かう。焼肉に必要なものを買い出しに行く!

決断できないと優柔不断になる。

『自分の価値観を知る』でも書いた通り

1. 自分にとって大切なもの、人、概念を思いつくままに具体的に書き出す。

2. 書き出したものにそれぞれに大切だと思う順に番号をつける

即決力を身につけるには

上記の書き出したものに順番をつけたら、その1番目に書いたものだけを

重視して行動します。

人は決めたことに対して行動します。逆に言うと決めないと行動しません。


1番目に書いたことに重点を置き、行動する事によって、より早く

結果に結びつきます。

「2番目も3番目も大事だしなぁ~!」って考えるとあれもこれもと思って

いずれも中途半端で前に進ます結果に結びつくにも時間がかかってしまいます。

即決力を身につけるには常に1番目に書いたものに集中することです

集中すれば当然効果性は上昇しますよね。




あなたはどのパターン?

例えば職場で1度に3つの仕事を今日中にやってほしいと
お願いされたとします。

1. 見積書を作成する。
2. 商品の在庫の確認をする。
3. 車で1時間のところにあるお得意様に書類を届ける。


パターン1. 1度に3つの仕事言われても出来ないので断る。
      
パターン2. 2つの仕事を断って1つだけやる。

パターン3. 3つに順番をつけて行動する。

    1. 車で1時間のところにあるお得意様に書類を届ける。
    2. 見積書を作成する。
    3. 商品の在庫の確認をする。



パターン1の人は最初から「出来ない」と決めつけているので
    当然行動しません。


パターン2の人は一見一点集中型に見えますが今日一日で
            1つやればいいので時間をかけてゆっくりとした行動になります。


パターン3の人はこの場合だとお得意様最優先の考えですね。
    片道1時間かかるお得意様のところに書類を届けて戻ってきても
    午前中には在庫確認まで終わらすことができます。
    午後から見積書の作成を集中してすることによりお願いされた
    仕事をすべて終わらすことができる優秀な人と言えるでしょう!

成功への道へまた一歩歩みだしましょう!

まとめ

・人の行動パターンは『選択』⇒「決断」⇒「行動」である。

・人は決めたことに対して行動する。

・自分にとって大切なもの、人、概念を思いつくままに具体的に

 書き出し順番をつける


・順番をつけた1番目だけを集中して行動する習慣を身につけることで

 即決力を身につける。

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: masaru@inoue

沖縄県沖縄市在住 1968年7月28日京都生まれ

「『即決力の重要性』について」に2件のコメントがあります
  1. まさに今はそんな感じの時ですやることがいっぱいありどれかでやっていいのかわからずなかなか手がつけられずそのまま終わっていることがたくさんありますやることに順番をつけるそして一番最初のから集中してやるなるほど今度は書き出すだけでなく順番をつけて行ってみたいと思いますありがとうございます

    1. 隆昭さんコメントありがとうございます!
      あれもこれもと考えるとパニックになり結局どれも中途半端になって
      進まないことってありますよね?
      確かに優先順位つけて1つ1つ集中すればいつの間にか終わってたりします。
      昼の仕事ではできてるのに新しく取り組むものや苦手なことはついつい後回しに
      しちゃったりするのでここを重点的に克服していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です